引越し 見積もり 比較 安い

引越し見積もりを比較して安い業者をかんたんに見つける方法

引越し 見積もり 一括

引越し 見積もり 最安値

引越し 見積もり 比較

引越し 見積もり 相場

引越し 見積もり 料金

 

引越し業者、どこがお得?

 

いろいろ調べてみてもわかりません。
それもそのはず、引越しは誰一人同じ条件で行うことがないからです。

 

一人暮らし、カップル、ファミリーでは荷物の量が違うので、手配するトラックの大きさが異なります。
物件だって1階と10階では大変さが違いますし、同じ3階の物件でもエレベーターの有無で作業時間が大きく異なります。

 

「どこの引越し業者が安くて早くて親切なんですか?」と誰かに聞いても納得できる答えは出ないんです。
だったらどうすればいいの?と思ったことでしょう。

 

お得に引越ししたいなら、複数の引越し業者から見積もりを取るしかないのです。
金額はもちろん、ダンボールプレゼントやオプションなどのサービスまでいろいろ比較して業者を決めるのです。

 

いくつかの業者に見積もりを依頼するなんて手間がかかって面倒くさい!
以前はそうでした。
でも今は一括見積もりサイトがあります。

 

1回入力するだけで複数の引越し業者からの見積もりが簡単に取れるサービスです。
見積もりはもちろん無料です。

 

比べることで満足度の高い引越しができますよ。

 

引越し 見積もり 安い

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの際はすることが多いので、まずはすることの手順を知っておきましょう。

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もり依頼は、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金が出せません。
例えばエレベーターありの4階となしの4階では同じ料金ではないので、新居が決まったら早めに見積もりを取って一番条件の良い引越し業者をおさえましょう。
・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包していきましょう。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨て、荷物を減らします。
引越しの際に荷物が多いと費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しておきましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
ついでに国民健康保険や年金、児童手当など役所関係についても聞いておきましょう。
市外へ引越しする際は、選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりませんから、転出届を提出しましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは今の家で使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。
引越し日までの費用は日割りで計算してくれますから、まずは電話で連絡をしましょう。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておくと、1年間は新居に届くようにすることができます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要ですから、前もって家具の配置やダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。
貴重品や現金、通帳、印鑑、宝石、パソコンのデータなど大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続き
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。免許証は身分証にもなりますので、お早めに。
ほかにも銀行、保険、カード類など住所変更が必要そうなものには連絡をしておきましょう。

 

 

引越し業者の有料オプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には別に料金がかかる有料オプションというサービスが存在します。
次のようなものが、有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

いろいろとありますね。
オプションサービスの内容は引越し業者によって違いますので、使いたいサービスがあるかどうかの確認を契約する前にしましょう。

 

この中で依頼が多いのはエアコンの移設です。

 

エアコンは高価な家電ですから、自分で買った場合は新居にも持って行きたいと思いますね。
しかしエアコンの移設には手間も費用もかかります。

 

そこで引越し業者に依頼しておけば、エアコンの移設を手配してくれます。
もちろん自分で手配しもいいのですが時間にも費用にも追われますし、費用もさほど変わらないのであればオプションを依頼したほうが楽です。

 

車の陸送もそうです。
自分で新居まで運べる距離だったらいいのですが、そうでないことも考えられます。

 

仕事が忙しい・運転が苦手・長距離を走る体力がないなどの理由で遠距離は運べないこともあるのです。

 

それが引越し業者に依頼できるのであれば嬉しいですね。
このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

 

引越し料金を安くする条件

 

引越し 安く

 

できれば引越し費用は安い方が嬉しいと思いませんか?
一括見積もりをすれば、一番安い引越し業者を見つけることができます。

 

しかし、もっともっと安くしたいのであれば、一括見積もりをする前に引越し条件を見直ししてみませんか?
もし出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができるかもしれません。

 

まずは時期ですが、3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることがまず出来ません。

 

この時期はどうしても引越し費用が他の時期よりも高いので、ずらせるならずらした方が良いです。

 

そして土日祝日、月末や月初め、大安の日なんかも人気があるので、引越し費用が安くなりません。

 

狙い目は平日です。
平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また時間も関係あって、午前引越しと午後引越しなら午後引越しの方が費用が安くなります。
午後からの引越しは前の人の引越し次第では大幅に遅れることがあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。

 

時間通りに物事が進まないとイライラしてしまう方には向いていませんが、時間が不安定な分割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるかもしれません。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ゴミ

 

引越しは大きな不要品を処分するチャンスです。
いらない家具、壊れた家電などはこのチャンスに一気に処分してしまいましょう。

 

粗大ゴミの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。
ほかにも石油ファンヒータやストーブ、ガスコンロ、電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミです。

 

そして家電の中には家電リサイクル法に基づいて処分しなければならないものがいくつかあります。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

このリサイクルにはリサイクル料がかかります。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでに廃業している場合は、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。

 

ではほかの粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

A:回収に来てもらう

 

まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収してもらえる日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで販売している粗大ごみシールを買います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
シールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

B:自分で持って行く

 

まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。
100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

 

引っ越しの契約

引越し業者比較見積もりを比較しよう

契約書は基本的に見積もり書がその役割を果たす事が多いです。要するに、見積もりをしてもらい、見積書を発行して頂いたら、その書類が契約書になります。見積もり書とは別に契約書を発行する業者もいますが、大半の業者は見積書がそのまま契約書になります。

 

見積書を発行するには、まず一括見積もりしましょう。

 

一括見積もりはインターネットからアクセスできますのでご利用下さい。
最低でも3、4社からの見積もり金額を提示してもらい、その金額を比較検討してみてください。金額やサービスなどを考慮の上、導きだした上位3社ほどに、訪問見積もりを依頼してみましょう。各社から見積もり書を提出してもらいましょう。そこで提出された見積書がそのまま契約書になります。気に入った業者があれば契約書にサインの上、契約締結となります。気に入らなければ断りましょう。その書類の裏には各社の引越運送約款が書かれていると思います。中には訪問見積もりを断る業者もいますが、その場合は見積書(契約書)を電話又はメールでの対応となりますので、引っ越し金額や契約内容等を確実にメモ或は記録に残しておく事が大切となります。

 

その行為をし忘れ契約を結びますと後々にトラブルに対応できなくなるので、気を付けましょう。訪問見積もりをしてもらう際に、ご自身所有のお荷物はすべて提示してください。引越当日になって、あれもあった、これもあったと対応できないお荷物が出てきた場合、標準引越運送約款の規約に反しますので、引っ越し業者はその物を受け取らなくても済みます。約款とは、お客様の優位になることばかりでは無いですので、お気をつけ下さい。ただ、約款が無い業者には依頼を頼まないようにしましょう。